学生ローンを緊急で借りるには

おすすめ

急に学生ローンを組むことに!

家庭の事情や留年など急にお金が必要になってもすぐに用意ができないですよね。そんな緊急時にでも学生ローンでお金を借りれた時のお話をしています。しかもその時は、休みの日でしたが無事に借りれてホッとしたのを覚えています。

学生がお金を借りる方法

お金を借りることができる1番の条件は、返済能力があるかどうかということです。そのため、借入れする際の審査では必ず『安定した収入のある方』という条件が書かれています。では、学生はお金を借りることができないのでしょうか。

学生はお金を借りられるのか

結論から言えば、学生でもお金を借りることは可能です。しかし、学生が借入れをするためには2つの条件があります。

1つめは、20歳以上であることです。20歳に満たない場合は大学生であっても残念ながらお金を借りることは出来ません。

2つめは、一定の収入があることです。この条件を聞くと、「じゃあ、学生は無理じゃん」と思うかもしれませんが、安心して下さい。ここでいう『一定の収入』は、アルバイトによる収入でも構いません。

つまり、20歳以上の一定の収入がある方であれば、学生でも借入れをすることは可能なのです。ただし金融機関によっては、学生の場合、借入れ限度額がかなり低く設定されていることもあります。

学生がお金を借りることができる場所は?

では、具体的に、学生はどこでお金を借りることができるのでしょうか。学生でも借入れが可能な金融機関を銀行と消費者金融に分けていくつか挙げてみます。

【消費者金融】
●プロミス
●アコム
●モビット

【銀行】
●三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
●楽天銀行スーパーローン
●三井住友銀行カードローン
●みずほ銀行カードローンコンフォートプラン
●じぶん銀行カードローン
●新生銀行カードローンレイク

有名な金融機関はほとんど、学生にも貸し出しをしていることが分かりますね。

学生がお金を借りるために必要なもの

多くの金融機関で借入れをする際に必要なものは、基本的には免許証・健康保険証・パスポートなどの本人確認書類のみです。

そしてもう1つ、借入額によっては、収入証明書(給与明細書や源泉徴収書など)が必要になります。この収入証明書が必要な借入額は金融機関によって異なりますが、100万円以上などの高額な借入れの場合がほとんどです。

ただし、モビットなど一部の消費者金融では、借入額に関わらず必ず収入証明書の提出が必要な場合もあります。

学生がお金を借りるメリット・デメリット

【メリット】
○サークル活動や飲み会など、出費がかさんだ時に利用できる
○借入れ限度額が低いので、必要以上に借りすぎてしまう恐れがない

【デメリット】
×金利が負担になる
×バイト代など、もともと少ない収入から返済しなければならないため、自転車操業になる恐れがある
×学生の頃から、簡単にお金が借りられることに慣れてしまう

お金を借りるのにおすすめの学生

単発ではない長期のアルバイトをしていて、毎月安定した収入が得られる方であれば、学生でも借入れはおすすめできます。

もちろん本業は学生ですから、月に何十万円もバイト代を稼ぐ方は少ないと思いますが、ここでのポイントは、『安定した収入がある』ということで、沢山稼いでいるということではありません。

つまり、例え3万円でも4万円でも、毎月バイト収入があり、きちんと返済できる方であれば、借入れをすることに何ら問題はありません。

学生がお金を借りるのにおすすめの金融機関ランキング

それでは、学生におすすめの金融機関をいくつかご紹介したいと思います。ここでご紹介するのは、全て担保や保証人が必要ない、つまり親の了解を得なくても借入れができる金融機関です。

1位、プロミス

プロミスは、スマホ・タブレット・パソコンのいずれからでも申し込み・契約ができ、振込での融資が可能です。また、初めてプロミスを利用する方は、30日間無利息で借入れすることができます。

さらにプロミスの場合、千円単位の借入れができるため(通常は1万円単位が多い)、最小限の利息で済むというのもおすすめポイントです。

プロミス詳しい内容はこちら

2位、新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンのレイクには、以下のような2種類の無利息サービスがあります。

@180日間、借入金のうち5万円までが何度でも無利息
A30日間、借入金が無利息

つまり、この期間内であれば利息は1円もかからないので、借りた分だけ返済すればいいのです。アルバイト代が入るまでの間、少しだけお金が必要という学生の方におすすめです。

新生銀行カードローンレイク詳しい内容はこちら

3位、アイフル

アイフルには、誰にも知られずに借入れすることができる2つの契約方法があります。

@配達時間選びる
Webで契約をしたあと、あらかじめ指定した時間にカードを配達してもらえるサービスです。このサービスを利用すれば、自分以外自宅に誰もいない時間にカードを受取ることができるので、家族にキャッシングがバレる心配がありません。

A手間いらず
申し込みから、審査・契約・カードの受取り・借入れまで全て無人契約機で行えるサービスです。借入れしているところを誰かに見られるのが心配という方におすすめです。

アイフル詳しい内容はこちら

学生がお金を借りるのに危険な借入先

学生街には、『学生専用ローン』とうたっている業者が数多くありますが、注意が必要です。学生ローンと聞くと、学生にとって親切なローンを想像してしまいがちですが、必ずしもそうではないのです。

こういった業者の中には独自審査をしているところも多く、例えば、他の消費者金融の審査に落ちても借入れができる、ブラックリストに載っていても借入れができる、そもそも審査がない、といったものです。

「面倒な審査がないなんて、楽でいいじゃん。何がいけないの?」と、思った方は注意が必要です。こういった業者は審査をしないのではなくて、できないのです。

通常、金融業者は、借入れの申し込みをした人に対して審査を行います。審査は、年齢や収入はもちろん、これまでの他社への借入れや返済履歴をJICC・KSCといった『信用情報機関』で調査するのです。

それを見れば、“他社での借入れの際、長期間延滞をしていた”とか、“現在も多額の借入れがある”といった、いわゆるブラックリストに載っている人物かどうかが分かるのです。

ただ、こういった『信用情報機関』の情報はどの金融業者にも開示しているわけではなく、信用できる業者にだけ開示しているのです。

つまり、先ほど言った独自審査を行っている金融業者は、『信用情報機関』から信用を得られていないため、審査ができないという可能性が高いのです。

もうお分かりと思いますが、こういった業者からお金を借りることは、大変に危険です。もちろん、学生ローンや中小業者が全て危ないということはありませんが、学生がお金を借りる場合の借入先として安心なのは、やはり大手の金融機関ということになります。

まとめ

以上、学生がお金を借りる方法について調査してきましたが、いかがでしたか。

今は、銀行・消費者金融ともに借入れをするための手続きが簡単になり、ATMからいつでも手軽にお金を引き出すことができるようになりました。

しかし、いくら手軽だといっても、引き出しているのは自分のお金ではなく、あくまでも「借金」であることを忘れてはいけません。借りたからには必ず返済する義務があり、長期間借りれば借りるほど金利も生じます。

本来は、自分のバイト代の範囲内でやりくりするのが理想であり、次に頼るべきは親です。それでも、どうしても借入れをする必要があるという場合は、きちんと返済計画を立て、無理のない範囲で利用しましょう。

最新のエントリー一覧